ぴたんこテクニカル
ぴたんこテクニカルとは
マーケットの方向性が直感的に分かる
テクニカル分析ツール!

◆FX業界初◆
スマホに売買シグナル発生をプッシュ通知!
最新 iPhone 公式対応!
絶好のタイミングを逃さない!
忙しい人にもピッタリ!
チャートにくぎ付けになる必要なし!

◆無料で使える◆
外為どっとコム
テクニカル分析ツール
「ぴたんこテクニカル」
スキャルピングはもちろん
デイトレ・スイングトレードにも強い味方!
テクニカルがわからない初心者だけでなく
中・上級者まで必須アイテム!
ドル円研究所・推奨テクニカル!
ぜひ一度お試し下さい!



★今日のドル円・スマホFX売買シグナル(無料)
クリックで売買シグナル画面拡大★
上下の矢印で売買チャンスをズバリ表示!
チャンス発生でスマホへプッシュ通知!

スキャルピングはもちろん
デイトレ・スイングトレードにも強い味方!
エントリーポイントが一目瞭然!
週末も絶好調!
ドル円3連続上下ズバリ的中!
売買シグナルで初心者も簡単!
約1円40銭ゲット!
上下荒い値動きに強い!
スマホFX売買シグナル(無料)

★最新 iPhone 公式対応★
ドル円・スマホFX売買シグナル
(10月27日・土曜日午前6時現在)
 
1027ドル円FXスマホ売買シグナル
★無料FX売買シグナル⇒ 外為どっとコム提供
外為どっとこむ無制限キャッシュバック

ドル円の来週の見通し・予想 10/22(月)~10/26(金)

★週末のFXドル円オーダー情報
(10月27日・土曜日10時00分現在)

112円25銭に売りオーダー
111円40銭に買いオーダーを観測。

1027FXドル円オーダー
<最新リアルタイム>
◆FXオーダー情報⇒ 外為どっとコム提供


★来週のドル円注目材料★
1.米雇用統計
2.日銀金融政策決定会合
3.イングランド銀行金融政策決定会合
4.米重要経済指標

1.米雇用統計
来週11月2日(金)21:30
10月分の米雇用統計が発表される。

このところ、期待ほど動かない米雇用統計だが
市場がネガティブな空気に包まれているだけに
予想を下回る数字が出た場合、急落に注意。

米雇用統計・最新予想
指標市場予想前回結果
非農業部門雇用者数+19.0万人+13.4万人
失業率3.7%3.7%
平均時給+0.2%+0.3%

2.日銀金融政策決定会合
来週30日(火)~31日(水)
日銀金融政策決定会合が開催。

10/31 15:30~ 日銀黒田総裁・記者会見が予定されている。
アメリカ政府から
為替条項に加え為替報告書の中でも
現在の金融緩和について警告が示されており
日銀は現状維持が精一杯。
市場では、展望レポートの中で
世界経済の先行きについてリスクが示されれば
ドル円の重しになるとの声。
黒田総裁の発言に注意しておきたい。

3.イングランド銀行金融政策決定会合
来週31日(水)~1日(木)
イングランド銀行金融政策決定会合が開催。

11/1 21:00  イングランド銀行政策金利
11/1 21:30~ イングランド銀行カーニー総裁・記者会見が予定されている。
ブレグジット(EU離脱)の条件について
EU側との交渉が難航。
イングランド銀行は動けない状態となっており
市場では、金融政策を現状維持するとの見方。
カーニー総裁からブレグジットについて
警戒感を示す発言が出るか注目。

4.米重要経済指標
来週は、米雇用統計以外にも
米9月PCEコア、米10月ADP雇用報告
米10月ISM製造業景況指数が予定されている。
市場がネガティブな空気に包まれているだけに
予想を下回る数字が出た場合、ドル円の上値を重くする材料。

来週の米経済指標(10/29~11/2)
日付指標市場予想前回値
10/29(月)米9月個人消費支出+0.4%+0.3%
10/29(月)米9月個人所得+0.4%+0.3%
10/29(月)米9月PCEコア+0.1%±0.0%
10/30(火)米8月ケース・シラー住宅価格指数+5.8%+5.9%
10/30(火)米10月消費者信頼感指数135.9138.4
10/31(水)MBA住宅ローン申請指数未定+4.9%
10/31(水)米10月ADP雇用報告+18.9万人+23.0万人
10/31(水)米7-9月期雇用コスト指数+0.7%+0.6%
10/31(水)米10月シカゴ購買部協会景気指数60.360.4
11/1(木)米10月チャレンジャー人員削減数未定70.9%
11/1(木)米新規失業保険申請件数21.3万件21.5万件
11/1(木)米7-9月期労働生産性・速報値+1.9%+2.9%
11/1(木)米7-9月期労働コスト・速報値+1.2%-1.0%
11/1(木)米10月製造業PMI・改定値55.855.9
11/1(木)米9月建設支出+0.1%+0.1%
11/1(木)米10月ISM製造業景況指数59.059.8
11/2(金)米9月貿易収支-535億$-532億$
11/2(金)米10月非農業部門雇用者数+19.0万人+13.4万人
11/2(金)米10月失業率+3.7%+3.7%
11/2(金)米10月平均時給+0.2%+0.3%
11/2(金)米9月製造業新規受注+0.5%+2.3%

金曜日の市場の動き
米7-9月期GDP・速報値は
市場予想+3.3%を上回る結果となり
ドル円は112円20銭手前まで上昇したが
NYダウが540ドル安となり
111円37銭まで急落。
株価の下げ幅縮小に連れ112円10銭まで
値を戻したが頭が重く
再び112円割れ。
NYダウ296ドル安
ドル円111円88銭、ユーロ円127円61銭、トルコリラ円19円96銭で週末クローズ。

★今日のドル円・売買シグナルチャート
上昇・下落を事前に音声とシグナルでお知らせ!
荒れ相場に強い! FX売買シグナル!
初心者も簡単!
申し込み1分、無料で使えます


FXプライム 

★今日のドル円売買シグナル★
(10月27日・土曜日週末クローズ時点)

1027ドル円FX売買シグナル
(ドル円売買シグナルチャート
FXプライムbyGMO提供)

★FX売買シグナル・高機能FXスマホツール★
チャート分析もバッチリ!
<申し込み1分・最短翌日口座開設>
新規口座開設・1万円キャッシュバック!
★5万円高級カタログギフト・プレゼント★
⇒⇒高級カタログギフトプレゼント! 

FXプライムbyGMO

★ドル円の見通し★
来週は、10月最終週。
日銀金融政策決定会合(10/30~31)
イングランド銀行金融政策決定会合(10/31~11/1)
中国10月財神製造業PMI(11/1・10:45発表)
アップル決算(11/2・5:30発表)
米雇用統計(11/2・21:30発表)が予定されている。
市場では、米中間選挙を控える中
米企業決算が悪く、景気後退への警戒感が強まっており
ドル円は下値模索となるとの見方。

<ドル円テクニカルチャート>
再び、一目均衡表・転換線(112円12銭)を下抜け。
ドル円111円88銭で週末クローズ。
これまで上昇を保っていた
一目均衡表・基準線が下落。
市場では、主要テクニカルが悪化した事で
短期筋が、ドル円の買いポジションを手放しており
一段安にも警戒しておきたいとの声。
直近レジスタンスとして
A:112円12銭(一目均衡表・転換線)
B:112円43銭(10/26高値)
C:112円66銭(10/25高値)
直近サポートして
A:111円37銭(10/26安値)
B:111円10銭(9/13安値)
C:110円84銭(9/10安値)が意識されている。

<IMMシカゴポジション>
最新発表・10月23日(火)時点では
ネット合計(買い-売り)
92,804枚の円売り越し。
短期筋がドル円ポジション縮小を強めてきており
さらなる変化に注意が必要。
IMM1027

FXプライムbyGMO