外為どっとこむ無制限キャッシュバック1
外為どっとコム 9月FXキャンペーン
★9月スタート★
FXスーパー感謝祭・第3弾!

1.口座開設・現金10万円キャッシュバック
2.FX取引・上限なしキャッシュバック!
3.FX取引・グルメギフトプレゼント!
4.無料セミナー受講6000円キャッシュバック

もちろん、口座開設・維持手数料も無料!


FXドル円オーダー情報⇒ 外為どっとコム 提供


ドル円のFXリアルタイムオーダー
重要サポートライン、レジスタンスラインが
ひと目でわかる情報!


★FXドル円オーダー情報
(9月13日・木曜日19時00分現在)

111円50銭、65銭、75銭に厚い売りオーダー
111円35銭~30銭、20銭~10銭、111円00銭
110円90銭に買いオーダーを観測。

0913FXドル円オーダー19
◆FXドル円オーダー⇒ 外為どっとコム 提供
外為どっとこむキャッシュバック1

9月13日(木) 本日のドル円見通し

エルドアン大統領2
20:00発表
トルコ中銀・政策金利
本日のビッグイベント。
今月3日、トルコ中央銀行から
本日の金融政策決定会合で
必要な措置を講じると声明文が出たことで
市場では、現在の政策金利17.75%から
利上げするとの見方が大勢。
但し、17.75%~25.00%まで予想が分かれている。
本日、トルコ・エルドアン大統領は
「金利は低くするべきだ」
「今の高い金利を引き下げる必要がある」
「インフレは中銀の間違った金融政策の結果だ」と発言。

これを受けてトルコリラは再び急落しており
トルコ中央銀行が
エルドアン大統領の圧力に屈することなく
市場が求める利上げを出来るかどうか。

結果を受けたトルコリラ、ユーロの動きに要警戒。

イギリス中央銀行マーク・カーニー総裁
20:00発表
イギリス中銀・政策金利
市場では、政策金利が0.75%で据え置かれるとの見方。
更なる利上げを支持するメンバーの数がポイント。
ポンドの上下荒い値動きに警戒。


20:45発表 
欧州中央銀行・政策金利
市場では、政策金利が0%で維持されるとの見方。
現状維持なら
21:30~行われる
ECBドラギ総裁・記者会見がポイント。


21:30発表
米8月消費者物価指数
米新規失業保険申請件数
昨夜、発表された
米8月生産者物価指数は
全て市場予想を下回る形となり
ドル売りを招く形となった。
消費者物価指数も弱い場合は
米FRB追加利上げの必要性に疑問符が付くだけに
結果を受けたドル円の動きに要注意。


米8月消費者物価指数・総合/前月比 市場予想+0.3% 前回(+0.2%)
米8月消費者物価指数・総合/前年比 市場予想+2.8% 前回(+2.9%)
米8月消費者物価指数・コア/前月比 市場予想+0.2% 前回(+0.2%)
米8月消費者物価指数・コア/前年比 市場予想+2.4% 前回(+2.4%)
米新規失業保険申請件数 市場予想21.0万件 前回(20.3万件)

ECBドラギ総裁
21:30~
ECBドラギ総裁・記者会見
市場の注目は
ECBスタッフ予想の数字。
ユーロ圏の成長率見通しが
引き下げられるのではとの噂が広がっており
ドラギ総裁がどのような数字を発表するか。
また、インフレに関する発言を受けた
ユーロの動きにも要注意。


23:00
NYオプションカット
ドル円オプションを111円50銭に観測。
オプションライン近くになると
防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。


東京タイムでは
日経平均216円高。
明日のメジャーSQ前に
昨夜伝わっていた
アメリカ政府が
中国との貿易交渉開催を呼びかけるとの報道が
蒸し返される形で上昇。
ドル円は111円47銭まで連れ高。
欧州勢参入後
ドル買い優勢で111円51銭を付けたものの
売りも厚く、伸び悩んでいる。

★FXドル円オーダー情報
(9月13日・木曜日19時00分現在)
111円50銭、65銭、75銭に厚い売りオーダー
111円35銭~30銭、20銭~10銭、111円00銭
110円90銭に買いオーダーを観測。

0913FXドル円オーダー19
◆FXドル円オーダー 外為どっとコム 提供


NYタイムでは
トルコ中銀・政策金利
イギリス中銀・政策金利(20:00発表)
欧州中央銀行・政策金利(20:45発表)
米8月消費者物価指数
米新規失業保険申請件数(21:30発表)
ECBドラギ総裁・記者会見(21:30~)
米国債入札(26:00発表)
米アトランタ連銀ボスティック総裁講演(26:00~)
米8月財政収支(27:00発表)が予定されている。
市場の注目は
トルコ、イギリス、ECB政策金利
米8月消費者物価指数の結果と
ECBドラギ総裁・記者会見。
本日、トルコ・エルドアン大統領は
「金利は低くするべきだ」
「今の高い金利を引き下げる必要がある」
「インフレは中銀の間違った金融政策の結果だ」と発言。
これを受けてトルコリラは再び急落しており
トルコ中央銀行が
エルドアン大統領の圧力に屈することなく
市場が求める利上げを出来るかどうか。
結果を受けたトルコリラ、ユーロの動きに要警戒。

<ドル円チャート分析>
一目均衡表・雲の中で一進一退を継続中。
市場では、先月29日高値(111円82銭)を
クリアに上抜けできるかどうかがポイントとの声。
直近サポートとして
A:111円16銭(9月13日東京安値)
B:111円07銭(一目均衡表・転換線)
C:110円84銭(9月11日安値)
直近レジスタンスとして
A:111円58銭(一目均衡表・雲の上限)
B:111円65銭(9月12日高値)
C:111円75銭(9月5日高値)が意識されている。

本日の重要指標・イベント(9月13日)
08:01発表 英8月RICS住宅価格
08:50発表 日本7月機械受注
08:50発表 対外対内証券売買契約
10:30発表 豪8月雇用統計
15:00発表 独8月消費者物価指数・改定値
15:45発表 仏8月消費者物価指数・改定値
20:00発表 イギリス中銀・政策金利、議事要旨
20:00発表 トルコ中銀・政策金利
20:45発表 欧州中央銀行・政策金利
21:30~   ECBドラギ総裁・記者会見
21:30発表 米8月消費者物価指数
21:30発表 米新規失業保険件数
23:00    NYオプションカット
24:00    ロンドンフィックス
(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
26:00~   米アトランタ連銀ボスティック総裁講演
26:00発表 米国債入札
27:00発表 米8月財政収支