外為どっとコムキャッシュバック17
★激アツ! スプレッド縮小キャンペーン!
ユーロドル0.3pips、ユーロ円0.5銭
ポンド円1.0銭など
人気の7通貨ペア・スプレッド縮小!
さらに・・・今月はキャッシュバックも満載!
1.口座開設・現金3万円キャッシュバック!
2.外為セミナー6000円キャッシュバック!
3.100万通貨ごとにキャッシュバック上乗せ!
もちろん、口座開設・維持手数料も無料!

※当サイト・期間限定特典!

★FX情報量No.1!★外為どっとコム
外為どっとコム

ドル円の来週の見通し・予想 4/3(月)~4/7(金)

★来週のドル円注目材料★

1.米雇用統計
2.米ADP雇用統計
3.米FOMC議事録
4.米中首脳会談
5.米重要経済指標

1.米雇用統計
来週7日(金)21:30
ビッグイベント・米雇用統計が発表される。

市場では、結果を受けて
6月利上げに向けた機運が高まるかどうかがポイントとの声。
レーザービームの動きとなりやすい指標。
数字の強弱に注意しておきたい。

米雇用統計・最新予想
指標市場予想前回結果
非農業部門雇用者数+18.5万人+23.5万人
失業率4.7%4.7%
平均時給+0.2%+0.2%

★4月7日(金)21:30
米雇用統計速報! 業界最速/0秒発表↓↓↓

外為どっとコム・経済指標フラッシュ1

★米雇用統計★リアルタイム動画

(米雇用統計発表・業界最速→ 
外為どっとコム 提供)

2.米ADP雇用統計
来週5日(水)21:15
米ADP雇用統計が発表される。

ADPは給与明細作成代行会社が
給与名簿から集計した数字。
市場では、米雇用統計の結果を占う指標として
注目されている。
前回は、市場予想+19.0万人に対して
+29.8万人となる驚愕の数字が発表された事で
ドル円は約40銭急上昇!
今回も数字次第では
大きな反応となる可能性があり要注意!

米3月ADP雇用統計 市場予想+19.4万人 前回(+29.8万人)

★米ADPリアルタイム動画

(米ADP発表・業界最速→ 
外為どっとコム 提供)

米FOMC
3.米FOMC議事録
来週5日(水)深夜3:00
先月14日~15日に行われた
米FOMC(連邦公開市場委員会)議事録が公表される。

米FRBメンバーの発言は
講演ごとに強弱が変化しており
市場は振り回されている。
議事録の内容次第で
上下どちらに動くか要注意!

トランプ大統領
4.米中首脳会談
来週6日(水)~7日(木)
フロリダで米中首脳会談が行われる。

30日(木)
米トランプ大統領は
「これ以上の巨額な貿易赤字、雇用の流出は容認できない」
「中国との会談は非常に厳しいものになる」
「米企業は中国以外に目を向けろ」と発言。
さらに、31日(金)
保護主義的と言われている
貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名。
米ロス商務長官は
大統領令について
「中国、日本、ドイツ、メキシコを対象としており
貿易赤字の原因について調査を行い
90日以内に報告書を大統領に提出する」と発言。
市場では、オバマケア代替法案が棚上げ。
貿易赤字削減をアピールする事になれば
中国だけでなく日本に対しても
厳しい要求が飛んでくるとの声。
今後の情勢に注意しておきたい。


5.米重要経済指標
来週は、米3月ISM製造業景況指数
米2月貿易収支
米3月ISM非製造業景況指数
米新規失業保険申請件数といった
重要経済指標の発表が連日行なわれる。
強い数字はドル円をサポートするだけに要注目!

★経済指標結果発表・業界最速★
フラッシュ画面で結果を瞬時に察知!
経済指標リアルタイム発表↓↓↓(利用料無料)


外為どっとコム
経済指標フラッシュ

来週の米経済指標(4/3~4/7)
日付指標市場予想前回値
4/3(月)米3月マークイット製造業PMI・確報値未定53.4
4/3(月)米3月ISM製造業景況指数57.057.7
4/3(月)米2月建設支出+1.0%-1.0%
4/4(火)米2月貿易収支-463億$-485億$
4/4(火)米2月製造業受注指数+0.9%+1.2%
4/5(水)米MBA住宅ローン申請指数未定-0.8%
4/5(水)米3月ADP雇用統計+19.4万人+29.8万人
4/5(水)米3月マークイット総合PMI・確報値未定53.2
4/5(水)米3月マークイットサービス業PMI・確報値未定52.9
4/5(水)米3月ISM非製造業景況指数57.057.6
4/6(木)米3月チャレンジャー人員削減予定数未定-40.0%
4/6(木)米新規失業保険申請件数未定25.8万件
4/7(金)米3月非農業部門雇用者数+18.5万人+23.5万人
4/7(金)米3月失業率4.7%4.7%
4/7(金)米3月平均時給+0.2%+0.2%
4/7(金)米2月卸売在庫・確報値未定+0.4%
4/7(金)米2月卸売売上高未定-0.1%
4/7(金)米2月消費者信用残高+14.45億$+87.94億$

金曜日の市場の動き
NY連銀ダドリー総裁が講演で
前日のインフレ率を煽る発言から一変。
「利上げを非常に急がされる状況ではない」との
スタンスを示した事でドル売り。
米2月コアPCEデフレーター、米3月シカゴ購買部協会景気指数
米3月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値に対する反応は限定的。
月末のロンドンフィックスに向けた円買い
NYダウ下落に伴うユーロ円の売りも加わり
ドル円は112円手前から111円23銭まで下落。
NYダウ65ドル安。
ドル円111円38銭、ユーロ円118円66銭、豪ドル円84円96銭で週末クローズ。

★ドル円・売買シグナルチャート★
上昇・下落を事前に音声とシグナルでお知らせ!
初心者もカンタン! 大きな動きに特に強い!
申し込み1分、無料で使えます(クリック拡大)

0401ドル円売買シグナル
(ドル円売買シグナルチャート→FXプライムbyGMO 提供) 

★FX売買シグナル・高機能FXスマホツールで、チャート分析もバッチリ!
<申し込み1分・最短翌日口座開設>
当サイト限定・新規口座開設
1万3000円キャッシュバックキャンペーン!
さらに・・・豪華プレゼントキャンペーン!
⇒⇒5万円カタログギフトプレゼント

FXプライムbyGMO

★FX市場オーダー情報
(4月1日・土曜日週末クローズ時点/5分毎に更新)

ドル円オーダー情報
111円00銭に買いオーダーを観測。
0401FX市場オーダー
(FX市場オーダー情報→ 
外為どっとコム 提供)

外為どっとコム 


★ドル円の見通し★
来週は、米雇用統計(7日21:30発表)
米FOMC議事録(5日深夜3:00発表)
米中首脳会談(6日~7日)
重要経済指標では
米3月ISM製造業景況指数(3日23:00発表)
米3月ADP雇用統計(5日21:15発表)
米3月ISM非製造業景況指数(5日23:00発表)が予定されている。
市場からは、日替わりの材料に振り回されており
来週もヘッドライン一つで上下に動くとの声。
米通商代表部が
日本の農業、自動車市場に更なる開放を要求する
最新の貿易障壁報告書を公表。
米トランプ大統領は
貿易赤字の削減を目指す大統領令に署名。
米ロス商務長官は
大統領令について
「中国、日本、ドイツ、メキシコを対象としており
貿易赤字の原因について調査を行い
90日以内に報告書を大統領に提出する」と発言。
週末にネガティブな材料も出てきており
月曜早朝の動きに注意しておきたい。
<ドル円・一目均衡表チャート>
0401一目均衡表ドル円
(★ドル円・一目均衡表チャート→ 外為どっとコム 提供)

<ドル円テクニカルチャート>
23日から陰線、陽線の順番で
ローソク足が形成されている。
この傾向が続くなら
月曜日は陽線となりそうだが果たして。
市場では、直近サポートとして
3/13安値(111円23銭)
一目均衡表・転換線
3/27安値-3/31高値フィボナッチ50.0%押しが重なる(111円15銭)
3/30安値(110円93銭)
3/27安値-3/31高値フィボナッチ61.8%押し(110円89銭)
3月29日安値(110円70銭)
直近レジスタンスとして
3/31高値-安値フィボナッチ38.2%戻し(111円59銭)
3/31高値-安値フィボナッチ50.0%戻し(111円71銭)
3/31高値-安値フィボナッチ61.8%戻し(111円82銭)
3/31NY高値(111円95銭)
3/31東京高値(112円18銭)が意識されている。

<IMM
シカゴポジション>
最新発表・3月28日(火)時点では
ネット合計(買い-売り)
53,181枚の円売り越し。

ロング(円買い)約7,000枚増加する一方
ショート(円売り)約6,000枚減少。
円高への動きにも警戒が必要。
IMM0401

ぴたんこテクニカル
ぴたんこテクニカルとは
マーケットの方向性が直感的に分かる テクニカル分析ツール!
FX業界初・スマホに売買シグナル発生をプッシュ通知!
絶好のタイミングを逃さない!
チャートにくぎ付けになる必要なし!


★最新スマホFX売買シグナル・ドル円
(画像クリックで拡大)
売買シグナルが発生した場合
無料のプッシュ通知で素早くお知らせ!
赤の矢印・買い><青の矢印・売り

☆ぴたんこテクニカル☆
ドル円売買シグナル
(4月1日・土曜日週末クローズ時点)

0401ぴたんこテクニカルドル円
(★ドル円・ぴたんこテクニカル 外為どっとコム 提供)

ドル円主要サポートライン一覧
A:111円23銭(3月31日安値)
B:111円15銭(一目均衡表・転換線)
(3/27安値-3/31高値フィボナッチ50.0%押し)
C:110円93銭(3月30日安値)
D:110円89銭(3/27安値-3/31高値フィボナッチ61.8%押し)
E:110円70銭(3月29日安値)
F:110円16銭(3月28日安値)
G:110円10銭(3月27日安値)
H:109円92銭(11/9安値-12/15高値フィボナッチ50.0%押し)
(週足一目均衡表・基準線)
I:109円79銭(11月18日安値)
J:108円78銭(11月16日安値)
K:108円54銭(11月17日安値)
L:108円31銭(200日移動平均線)
M:107円76銭(11月15日安値)

ドル円主要レジスタンスライン一覧
A:111円59銭(3/31高値-安値フィボナッチ38.2%戻し)
B:111円71銭(3/31高値-安値フィボナッチ50.0%戻し)
C:111円82銭(3/31高値-安値フィボナッチ61.8%戻し)
D:111円95銭(3月31日NY高値)
E:112円18銭(3月31日東京高値)
F:112円80銭(一目均衡表・基準線)
(3/10高値-3/27安値フィボナッチ50.0%戻し)
(週足一目均衡表・転換線)(21日移動平均線)
G:112円85銭(3月21日高値)
H:112円88銭(3月20日高値)
I:113円05銭(50日移動平均線)
J:113円45銭(一目均衡表・雲の下限)
K:113円48銭(3月17日高値)
L:113円53銭(3月16日高値)
M:114円04銭(3月1日高値)
N:114円12銭(3月6日高値)
O:114円14銭(3月7日高値)
P:114円58銭(3月2日高値)
Q:114円73銭(3月3日高値)
R:114円87銭(3月15日高値)
S:114円91銭(3月13日高値)
T:114円98銭(3月9日高値)
U:115円13銭(一目均衡表・雲の上限)
V:115円18銭(3月14日高値)
W:115円50銭(3月10日高値)
X:115円61銭(1月19日高値)

セントラル短資FXタイアップ