JFX
JFXキャッシュバック 
★他社よりも早い! 月曜早朝6時から 取引出来る!
★FX業界初・スキャルピング(短期売買)無制限OK!
★最短即日口座開設!
★業界最速の出金スピード!
<平日9:30~14:30に出金した場合、リアルタイムで銀行口座に入金!>
★毎月・豪華食品プレゼント!
★1000通貨・取引手数料無料!
★ドル円0.4銭の低スプレッド!(原則固定)
★スマホアプリ・完全対応!
★ネットバンク口座が無くても、最寄りの銀行ATMからクイック入金OK!
★新規口座開設キャンペーン・10000円キャッシュバックに加えて

★ドル円研究所・JFX限定タイアップ★
新規口座開設+1万通貨以上のお取引(ドル円の場合・取引コスト40円)で
1,000円上乗せキャッシュバック!
JFX

4月30日(水) 本日のドル円の見通し

21:15発表
米4月ADP雇用者数
5月2日(金)発表される、米4月NFP雇用統計の前哨戦。
20万人を超える数字が予想されており
更に上回るかどうかがポイント。
強い結果はドル買い、弱い結果はドル売り傾向。


★指標結果を最速でチェックできる!
経済指標結果リアルタイム発表↓↓↓ロイター提携・業界最速(利用料無料)★
外為どっとコム・経済指標フラッシュ1

米ADP雇用者数
発表直後15分間のドル円値幅
指標値幅
米3月ADP雇用者数 16銭
米2月ADP雇用者数 16銭
米1月ADP雇用者数 42銭

米4月ADP雇用者数 市場予想+21.0万人 前回(+19.1万人)

21:30発表
米1-3月期GDP、米1-3月期個人消費・速報値
米1-3月期GDPデフレーター、米1-3月期コアPCEデフレーター・速報値
米1-3月期雇用コスト指数

特にGDPの数字は速報値の発表という事で
市場の注目度は非常に高い。
寒波の影響がどこまで速報値に表れているかがポイント。
前回の速報値では、発表後15分間のドル円値幅は24銭。
市場予想は相当低い数字となっており、結果との乖離に注意しておきたい。


米GDP
発表直後15分間のドル円値幅
指標値幅
米10-12月期GDP・確報値 10銭
米10-12月期GDP・改定値 10銭
米10-12月期GDP・速報値 24銭

米1-3月期GDP           市場予想+1.2% 前回(+2.6%)
米1-3月期個人消費        市場予想+2.0% 前回(+3.3%)
米1-3月期GDPデフレーター   市場予想+1.6% 前回(+1.6%)
米1-3月期コアPCEデフレーター 市場予想+1.2% 前回(+1.3%)
米1-3月期雇用コスト指数     市場予想+0.5% 前回(+0.5%)


22:42発表
米4月シカゴ購買部協会景気指数

協会員にだけ3分前に発表される指標。
前回値、市場予想を上回る数字なら
ドル買い、下回るならドル売り傾向。


米シカゴ購買部協会景気指数
発表直後15分間のドル円値幅
指標値幅
米3月シカゴ購買部協会景気指数 8銭
米2月シカゴ購買部協会景気指数 8銭
米1月シカゴ購買部協会景気指数 7銭


米4月シカゴ購買部協会景気指数 市場予想57.0 前回(55.9)

23:00
NYオプションカット
ドル円オプションを
102円20銭、102円25銭、102円40銭、102円50銭
102円65銭、102円70銭、102円80銭、103円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。
FOMCイエレン議長1
27:00発表
米FOMC(連邦公開市場委員会)結果・声明文

アメリカの金融政策を決定する重要イベントだが
今回は、米FRBイエレン議長の記者会見も予定されておらず
これまでと同額のテーパリング(量的緩和縮小)を行うとの見方が優勢。
声明文に明記されている
フォワードガイダンス(金融政策の先行き見通し)
「債権買い入れ終了後もかなりの期間に渡り
金利は低水準に留まる」といった文言に変化があるかどうかがポイント。
発表直後の上下動には注意しておきたい。

テーパリング発表予想
国債買い入れ額               市場予想250億ドル 前回(300億ドル)
MBS・住宅ローン担保証券買い入れ額 市場予想200億ドル 前回(250億ドル)


ここまでの流れ
米2月S&P・ケースシラー住宅価格指数は市場予想とほぼ同値。
米4月消費者信頼感指数は市場予想を下回り
ロンドン高値102円77銭から102円49銭まで下落。
NYダウが米製薬会社第2位である
メルクの好決算を受けてプラス圏で推移。
ドル円はこの流れに支えられ、引けにかけて再上昇。
NYダウ86ドル高
ドル円102円62銭、ユーロ円141円72銭、豪ドル円95円08銭でクローズ。
東京タイムでは
日銀金融政策決定会合結果が現状維持になるとの
複数のヘッドラインが先行して飛び出し
日経平均と共にドル円が下落。
会合結果は報道通りの現状維持。
結果を受けて一時102円48銭まで持ち直した後
15時に発表された展望レポートで
「インフレターゲット2%を2015年度までに達成
2016年度も維持できる」と強気の見通しが示され
ドル円は102円27銭までもう一段下落。
直後に始まった日銀黒田総裁・記者会見では
記者から追加緩和に対して再三質問が飛んだものの
追加緩和は必要ないとのコメントを避け
「必要であれば、躊躇なく調整を行う」
「出口戦略の議論は時期尚早」と終始。
これにより、海外勢からショートカバー(売りポジションの買い戻し)が出た事で
102円50銭台まで戻している。

★一目均衡表・チャート★
一目均衡表・雲の下限(102円20銭)が
サポートレベルとして注目されており
キープできるかどうかがポイント。
また、上方向のレジスタンスは
一目均衡表・基準線(102円72銭)、同・雲の上限(102円83銭)

0430ドル円一目均衡表チャート
 (ドル円・一目均衡表チャート→ 外為どっとコム 提供)

★FXリアルタイムオーダー状況(19:00現在/5分毎に更新)
ドル円は…
102円60銭~102円85銭、103円00銭に厚い売りオーダー
102円20銭、102円10銭、102円05銭に厚い買いオーダーが置かれている。

0430ドル円・ユーロ円外為注文情報
 FXリアルタイムオーダー状況 外為どっとコム 提供)
外為どっとコム・20000円キャッシュバックc


★米10年債利回リ
リアルタイムチャート★

利回リが上昇(チャートが上方向)・・・ドル円は上昇傾向。
利回りが下降(チャートが下方向)・・・ドル円は下降傾向。

米10年債利回り
リアルタイムチャート


ドル円の見通し
この後、NYタイムでは
米4月ADP雇用者数、米1-3月期GDP・速報値
米4月シカゴ購買部協会景気指数
米FOMC結果・声明文といった注目イベントが集中。
結果に一喜一憂する形となりそうだ。
米ツイッター決算は市場予想を裏切る形となっており
NYダウの動きにも注意したい。
チャートでは
一目均衡表・雲の下限(102円20銭)が
サポートレベルとして注目されており
キープできるかどうかがポイント。
また、上方向のレジスタンスは
一目均衡表・基準線(102円72銭)、同・雲の上限(102円83銭)。
サポートとしては
・102円36銭(一目均衡表・転換線)
・102円27銭(4月30日東京安値)
・102円20銭(一目均衡表・雲の下限)
・102円15銭(4月23日安値)
・102円04銭(4月28日安値)
レジスタンスとしては
・102円65銭(4月30日東京高値)
・102円72銭(一目均衡表・基準線)
・102円77銭(4月29日高値)
・102円83銭(一目均衡表・雲の上限)
・102円97銭(3月28日高値)がポイント。

★ドル円・売買シグナル発生チャート(無料で使えます)★
上昇・下落をサインでお知らせ!
本日は午前中の売りサインで30銭ゲット!

0430ドル円買いシグナル・売りシグナル
(ドル円、買いシグナル・売りシグナル発生チャート→FXプライムbyGMO 提供)
FXプライム

ドル円主要サポートライン一覧
A:102円36銭(一目均衡表・転換線)
B:102円27銭(4月30日東京安値)
C:102円20銭(一目均衡表・雲の下限)
D:102円15銭(4月23日安値)
E:102円07銭(4月24日安値)
F:102円04銭(4月28日安値)
G:101円95銭(4月25日安値)
H:101円85銭(4月17日安値)
I:101円80銭(4月16日安値)
J:101円50銭(一目均衡表・週足基準線)
K:101円48銭(4月15日安値)
L:101円40銭(4月14日安値)
M:101円32銭(4月10日安値)
N:101円31銭(4月11日安値)
O:101円29銭(3月19日安値)
P:101円26銭(3月18日安値)
Q:101円19銭(3月14日安値)
R:101円18銭(3月3日・17日安値)
S:100円93銭(200日移動平均線)
T:100円79銭(2月5日安値)
U:100円77銭(2月3日安値)
V:100円74銭(2月4日安値)
W:100円60銭(2013年9月11日高値)
X:100円45銭(2013年9月10日高値)
Y:100円41銭(2013年11月15日高値)

ドル円主要レジスタンスライン一覧
A:102円46銭(21日移動平均線)
B:102円61銭(4月28日高値)
C:102円63銭(4月24日高値)
D:102円65銭(一目均衡表・週足転換線)(4月30日東京高値)
E:102円68銭(4月23日高値)
F:102円69銭(4月21日高値)
G:102円71銭(4月22日高値)
H:102円72銭(一目均衡表・基準線)
I:102円77銭(4月29日高値)
J:102円83銭(一目均衡表・雲の上限)
K:102円97銭(3月28日高値)
L:103円10銭(4月8日高値)
M:103円41銭(4月7日高値)
N:103円43銭(3月31日高値)
O:103円70銭(4月1日高値)
P:103円75銭(3月7日高値)
Q:103円92銭(4月2日高値)
R:104円11銭(4月3日・4日高値)
S:104円12銭(1月13日高値)
T:104円27銭(1月14日高値)
U:104円30銭(1月20日高値)
V:104円46銭(1月17日高値)
W:104円57銭(1月22日高値)
X:104円69銭(1月15日高値)

FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」 
日経新聞などメディアで多数取り上げられている
人気のFX自動売買サービス開始!

★世界中のプロの取引を24時間・自動売買で再現!
為替のプロが厳選したポートフォリオ!
ストラテジーパックを選ぶだけで
あなただけの優秀なポートフォリオが完成!
★24時間自動売買!
パソコンを起動していない時はもちろん
外出中、睡眠中でも戦略に従って自動で取引を行います。
★少額通貨のお試しでも手数料無料!
全ての機能が自由に使えます!
少ない保証金を元手に自動売買スタート!
★スマートフォンでも最短1分で申し込み完了!
★JASDAQ上場企業・安心の信託保全
★シストレキャンペーン・10万円キャッシュバック!

FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」
fxプライムbyGMOぱっと見1 
 ★ドル円・ユーロ円・豪ドル円ぱっと見テクニカル分析一覧★
0430ぱっと見テクニカルドル円研究所
 (本日のドル円予測チャート→FXプライムbyGMO提供)
0430ぱっと見テクニカルユーロ円研究所
 (本日のユーロ円予測チャート→FXプライムbyGMO提供)
0430ぱっと見テクニカル豪ドル円研究所
 (本日の豪ドル円予測チャート→FXプライムbyGMO提供)
fxプライムキャッシュバック2 
JASDAQ上場のFX会社・FXプライムbyGMO
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
予測チャートをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★1000通貨のミニ取引もOK!
※最短・1分スピード口座開設!
★口座開設キャンペーン・7000円キャッシュバック中!
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

FXプライム

本日の重要指標・イベント(4月30日)
★日銀金融政策決定会合
★米FOMC(連邦公開市場委員会)・最終日

07:45発表 NZ3月住宅建設許可
08:05発表 英4月GfK消費者信頼感
08:50発表 日本3月鉱工業生産・速報値
09:55    東京仲値(ドル円注意)
10:00発表 NZ4月ANZ企業信頼感
10:00発表 NZ4月ANZ企業活動見通し
14:00発表 BNPパリバ、1-3月期決算発表
15:00発表 日銀展望レポート
15:30~   日銀黒田総裁・記者会見

16:00発表 スペイン1-3月期GDP・速報値
16:55発表 独4月雇用統計
18:00発表 ユーロ圏4月消費者物価指数・速報値
20:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
21:00発表 南ア3月貿易収支
21:15発表 米4月ADP雇用者数
21:30発表 米1-3月期GDP・速報値
21:30発表 米1-3月期個人消費・速報値
21:30発表 米1-3月期GDPデフレーター・速報値
21:30発表 米1-3月期コアPCEデフレーター・速報値
21:30発表 米1-3月期雇用コスト指数
21:30発表 加2月GDP
22:42発表 米4月シカゴ購買部協会景気指数
23:00    NYオプションカット
23:30発表 米週間原油在庫
24:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
27:00発表 米FOMC(連邦公開市場委員会)結果・声明文