FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」

0228自動売買ランキング
過去30日のFX自動売買ランキングを集計!
(表内は最小1,000通貨単位)
トップストラテジーは、「Auto-Online」
荒れ相場の中でも、1万通貨単位の取引で
驚異の勝率 84.28%
40万1270円 (4360.9pips)を叩きだしている!


日経新聞などメディアで多数取り上げられている
人気のFX自動売買サービス開始!
★戦略を選ぶだけのFX
為替のプロが厳選したポートフォリオ!
ストラテジーパックを選ぶだけで
あなただけの優秀なポートフォリオが完成!
★24時間自動売買!
パソコンを起動していない時はもちろん
外出中、睡眠中でも戦略に従って自動で取引!
売買チャンスを逃さない!
★1,000通貨のお試しでも手数料無料!
全ての機能が自由に使えます!
例えば、1ドル100円の場合
約4000円の保証金を元手に自動売買スタート!
★3月キャンペーン・17000円キャッシュバック!
FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」

ドル円の来週の見通し・予想 3/3(月)~3/7(金)

★来週のドル円注目材料★

1.米2月雇用統計
2.ウクライナ情勢
3.米FRB副議長候補フィッシャー氏公聴会
4.ECB理事会、
ECBドラギ総裁/記者会見

5.米重要経済指標


1.米2月雇用統計
7日(金)日本時間22:30
米2月NFP雇用統計が発表される。

前回の米雇用統計では
非農業部門雇用者数(市場予想+18.0万人)結果+11.3万人
民間部門雇用者数(市場予想+18.5万人)結果+14.2万人
失業率(市場予想6.7%)結果6.6%
2ヶ月連続で、雇用者数が市場予想を大きく下回る形となり
短期筋が102円50銭に置かれていたストップロスを狙う形で
102円52銭まで買い上げた後
ネガティブサプライズの結果を受けて急降下。
一気に約1円安となる101円42銭の安値を付けた後
米労働省が悪天候により就業不能となった
米1月非農業部門雇用者数は26.2万人と発表。
前回分の非農業部門雇用者数はプラス1000人しか
上方修正されなかったものの
このヘッドラインで、短期筋の買戻しが入り
急速に102円台を回復する、ジェットコースター相場。
今回も、発表直後は
相当荒い値動きをする可能性があり要注意!
3月1日現在、以下の市場予想となっている。

★指標結果を最速でチェックできる!
経済指標結果発表↓↓↓ロイター提携・業界最速(利用料無料)★
外為どっとコム・経済指標フラッシュ1

米2月雇用統計・市場予想
指標市場予想前回値
米2月非農業部門雇用者数+15.0万人+11.3万人
米2月民間部門雇用者数+15.5万人+14.2万人
米2月失業率6.6%6.6%


★前回・米雇用統計発表 ドル円チャート
20140207米NFP雇用統計ドル円チャート・ドル円研究所
 (前回/米雇用統計発表時・ドル円チャート→外為どっとコム提供)

ウクライナ情勢
2.ウクライナ情勢
ここまで沈黙を貫いていた
ロシア・プーチン大統領は1日(土)
(ウクライナ南部・クリミア自治共和国)ロシア系住民保護を理由に
ウクライナにロシア軍を派遣することを議会に提案。
ロシア・上院議会は、これを全会一致で承認。
軍事行動にロシアが踏み切ることで
ウクライナ情勢は更に悪化。
週明けの相場への影響が懸念される。
日本時間2日午前6時~
イギリスの要請により
国連安全保障理事会・緊急会合が開催。
ウクライナ・セルゲーエフ国連大使が
すでにロシア軍は15000人規模まで部隊が増強されており
国際法に明らかに違反した侵略行為と発言したが
ロシア・チュルキン国連大使が
クリミア半島の治安が不安定化した事を受けて
クリミア自治共和国の要請を受けてロシア軍は行動していると反論。
★米オバマ大統領、ロシア・プーチン大統領が電話会談(約1時間半)
会談では、以下の様な内容が繰り返されただけで平行線。
・オバマ大統領
「ウクライナの主権と領土を侵害。国際法に違反」
「ロシア軍はクリミア基地内に撤退すべき」
「ウクライナへのあらゆる干渉を控えるべき」
「G8準備会合での今後の参加を一時停止」
「国連安保理、NATO、EU、同盟国と協議を行う」
・プーチン大統領
「ロシア系住民が犯罪行為を受けている」
「ロシアにはロシア系住民と国益を守る権利」
★NATO(北大西洋条約機構)は
日本時間2日(日)午後9時~
28加盟国の大使を招集、緊急会合を開催。
また、EUも3日(月)、緊急外相会合を行う予定。
★日本時間2日夜、米ケリー国務長官は
ロシアの侵略行為を非難。
ロシアは、アメリカと西側諸国が
経済を孤立させる事を含む制裁により
非常に深刻な影響を受けると警告。
事態の推移次第では、経済制裁が発動される可能性が高まっている。
フィッシャー氏
3.米FRB副議長候補フィッシャー氏公聴会
4日(火)日本時間24時~
米FRB副議長候補 フィッシャー氏公聴会が行われる。
昨年夏までの8年間、イスラエル中央銀行総裁として
辣腕を振るっていたが
オバマ大統領から次期米FRB副議長として指名を受けた事で
市場では注目が集まっているイベント。
イエレン議長の議会証言は2度行われたが
フィッシャー氏が、テーパリング(量的緩和縮小)について
どのような考え方を持っているか要注目!
コメント次第では、波乱相場の材料に!
ドラギ総裁22
4.ECB理事会、ECBドラギ総裁/記者会見
6日(木)
ECB理事会、ECBドラギ総裁/記者会見が行われる。

理事会の結果は日本時間21:45発表、記者会見は22:30~の予定。
2月28日発表の
ユーロ圏2月消費者物価指数・速報値が市場予想を上回った事で
市場では、高まっていたユーロ利下げムードが後退。
ユーロドルが年初来高値を更新する1.3823まで急上昇。
ユーロ円も141円11銭まで一時上昇するなど
ユーロの買い戻しが強まっている。
但し、ドラギ総裁は理事会・記者会見で
これまでサプライズを演出してきたこともあり
市場の思惑通りの結果となるかどうかは不透明。
利下げカード温存か、カードを切ってくるかどうか要注目!


5.米重要経済指標
来週は、米2月雇用統計のビッグイベントの他にも
米2月ISM製造業景況指数、米2月ISM非製造業景況指数
米2月ADP雇用者数、米新規失業保険申請件数といった
重要経済指標の発表が集中。
弱い数字は大寒波の影響と決めつける一方で
強い数字には素直に反応しやすい地合だけに要チェック。


来週の米経済指標(3/3~3/7)
日付指標市場予想前回値
3/3(月)米1月個人所得+0.2%±0.0%
3/3(月)米1月個人消費支出+0.1%+0.4%
3/3(月)米1月コアPCEデフレーター+0.1%+0.1%
3/3(月)米2月ISM製造業景況指数52.051.3
3/3(月)米1月建設支出-0.1%+0.1%
3/4(火)米3月IBD・IPP景気楽観度指数未定44.9
3/5(水)米MBA住宅ローン申請指数未定-8.5%
3/5(水)米2月ADP雇用者数+15.8万人+17.5万人
3/5(水)米2月ISM非製造業景況指数53.654.0
3/6(木)米新規失業保険申請件数33.5万件34.8万件
3/6(木)米10-12月期非農業部門労働生産性・確報値+2.6%+3.2%
3/6(木)米10-12月期単位労働コスト・確報値-1.0%-1.6%
3/6(木)米1月製造業受注指数-0.5%-1.5%
3/7(金)米2月非農業部門雇用者数+15.0万人+11.3万人
3/7(金)米2月民間部門雇用者数+15.5万人+14.2万人
3/7(金)米2月失業率6.6%6.6%
3/7(金)米1月貿易収支-390億ドル-387億ドル
3/7(金)米1月消費者信用残高+145億ドル+187.56億ドル


昨日の市場の動き
東京タイム午後に101円55銭まで下落した後
ユーロ圏2月消費者物価指数・速報値が
市場予想(+0.7%)を上回る+0.8%となり
ユーロが急上昇。
ドル円もユーロ円の強い上昇に
サポートされる形で底堅い流れとなったが
NYタイムで、米10-12月期GDP・改定値が
市場予想(+2.5%)を下回る+2.4%となったものの
寒波の影響を考慮した市場は、売り込まず。
逆に、米2月シカゴ購買部協会景気指数が
市場予想(56.4)を上回る59.8
米2月ミシガン大学消費者信頼感指数・確報値が
市場予想(81.2) を上回る81.6となった事を好感。
102円28銭までドル円は値を戻す形。
その後、126ドル高まで上昇していたNYダウが
46ドル安まで、急速に値を下げる形となり
ドル円も101円66銭まで一時急降下。
NYダウ49ドル高
ドル円101円77銭、ユーロ円140円45銭、豪ドル円90円87銭で週末クローズ。


★一目均衡表・チャート★
チャートの形が悪化。
一目均衡表・基準線、転換線、雲の下限を
全て下抜けて週末クローズ。
来週、101円台前半を試しに行く可能性も。
0301ドル円一目均衡表チャート

 (ドル円・一目均衡表チャート→ 外為どっとコム 提供)

★外為注文情報(2日日曜日・12時現在/5分毎に更新)
ドル円は…
102円25銭、102円30銭に売りオーダー
101円60銭、101円50銭、101円40銭、101円30銭に買いオーダーが集中。

0302ドル円・ユーロ円外為注文情報
 (ドル円・ユーロ円外為注文情報→ 外為どっとコム 提供)
外為どっとコム・20000円キャッシュバックc

★ドル円の見通し★
チャートの形が悪化。
一目均衡表では
ローソク足の全体が雲の下限を下抜け。
ネガティブな材料に反応しやすくなっている。
市場の勢い次第では
100円後半~101円前半のサポートを試しに行く可能性も。
来週は、ビッグイベント
米2月雇用統計の結果が7日(金)に発表。
現在のところ、非農業部門雇用者数は+15.0万人となっているが
前回同様、荒れた動きが予想されており
発表数字との乖離に注意しておきたい。
また、ドル円の頭を押さえる材料として意識されている
ウクライナ情勢のヘッドラインにも要警戒!
ドル円の下値のサポートとしては
101円54銭(2月28日安値)、101円42銭(2月7日安値)
101円37銭(2月17日安値)、101円24銭(2月6日安値)
100円79銭(2月5日安値)が重要ポイント。
また、101円50銭、100円80銭には厚い買いオーダーを観測しており攻防戦。
特に100円80銭の買いオーダーは
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)筋との噂。

★本日発表★
中国2月製造業PMIは
市場予想50.1を上回る50.2
前回値50.5を下回っていることに加え
内訳を見ると喜べない数字。
生産指数 53.0→52.6
新規受注 50.9→50.5
昨年秋をピークとして、製造業の伸びは鈍化。
改めて中国経済の懸念がクローズアップされる可能性も。

0301中国製造業PMI

チャートのレジスタンス・サポート
レジスタンスとしては
102円10銭(21日移動平均線)、102円12銭(2月28日NY午後高値)
102円17銭(一目均衡表・基準線)、102円19銭(一目均衡表・転換線)
102円23銭(10日移動平均線)
102円28銭(2月28日高値)(一目均衡表・雲の下限)
102円43銭(2月27日高値)に注目。

サポートとしては
101円54銭(2月28日安値)、101円42銭(2月7日安値)
101円37銭(2月17日安値)、101円24銭(2月6日安値)
100円99銭(一目均衡表週足・基準線)
100円79銭(2月5日安値)、100円77銭(2月3日安値)
100円74銭(2月4日安値)を意識しておきたい。


★ドル円・売買シグナル発生チャート(無料で使えます)★
下落、上昇をサインでお知らせ!
週末・金曜日の結果は
午前中の売りサインで50銭!、夜の買いサインで55銭ゲット!
シグナルに乗るだけで誰でも合計1円オーバーゲット!

0301ドル円買いシグナル・売りシグナル
(ドル円、買いシグナル・売りシグナル発生チャート→FXプライムbyGMO 提供)
FXプライム
 

★シカゴ筋の先物ポジション★
最新・2月25日分の集計では
<ドル円>
円ロング2009枚減少
円ショート3297枚増加
ロング(円買い)、ショート(円売り)
共に増加する形となっており
ネット(合計)では5306枚のショート増加。
先物ポジショングラフでは、
2月4日集計から円売りに反転している。

シカゴIMMポジション・2月25日ドル円

ドル円主要サポートライン一覧

A:101円74銭(2月18日安値)
B:101円68銭(2月13日安値)
C:101円65銭(2月20日安値)
D:101円55銭(2月14日安値)
E:101円54銭(2月28日安値)
F:101円42銭(2月7日安値)
G:101円37銭(2月17日安値)
H:101円24銭(2月6日安値)
I:100円99銭(一目均衡表週足・基準線)
J:100円79銭(2月5日安値)
K:100円77銭(2月3日安値)
L:100円74銭(2月4日安値)
M:100円59銭(2013年9月11日高値)
N:100円17銭(200日移動平均線)
O:99円99銭(2013年11月21日安値)
P:99円93銭(2013年11月15日安値)
Q:99円80銭(2013年11月20日安値)

ドル円主要レジスタンスライン一覧

A:102円10銭(21日移動平均線)
B:102円12銭(2月28日NY午後高値)
C:102円17銭(一目均衡表・基準線)
D:102円19銭(一目均衡表・転換線)
E:102円23銭(10日移動平均線)
F:102円28銭(2月28日高値)(一目均衡表・雲の下限)
G:102円43銭(2月27日高値)
H:102円59銭(2月26日高値)
I:102円61銭(2月25日高値)
J:102円67銭(2月24日高値)
K:102円82銭(2月21日高値)
L:102円88銭(1月30日高値)
M:102円92銭(1月27日・1月31日高値)
N:103円09銭(一目均衡表・週足転換線)(1/2高値-2/4安値フィボナッチ50.0%戻し)
O:103円24銭(1月28日高値)
P:103円43銭(1月29日高値)
Q:103円45銭(一目均衡表・雲の上限)
R:103円57銭(1月24日高値)
S:103円64銭(1/2高値-2/4安値フィボナッチ61.8%戻し)
T:104円12銭(1月13日高値)
U:104円27銭(1月14日高値)
V:104円30銭(1月20日高値)
W:104円46銭(1月17日高値)
X:104円57銭(1月22日高値)
Y:104円69銭(1月16日高値)


FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」 
日経新聞などメディアで多数取り上げられている
人気のFX自動売買サービス開始!

★世界中のプロの取引を24時間・自動売買で再現!
為替のプロが厳選したポートフォリオ!
ストラテジーパックを選ぶだけで
あなただけの優秀なポートフォリオが完成!
★24時間自動売買!
パソコンを起動していない時はもちろん
外出中、睡眠中でも戦略に従って自動で取引を行います。
★1,000通貨単位の少額から取引OK!
(例:1ドル100円の場合・約4000円の保証金でOK!)
★最短1分で申し込み完了!
★JASDAQ上場企業・安心の信託保全
★オープン記念・17000円キャッシュバック!

FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」
fxプライムbyGMOぱっと見1 
 ★ドル円・ユーロ円・豪ドル円ぱっと見テクニカル分析一覧★
0301ぱっと見テクニカルドル円研究所
 (来週のドル円予測チャート→FXプライムbyGMO提供)
0301ぱっと見テクニカルユーロ円研究所
 (来週のユーロ円予測チャート→FXプライムbyGMO提供)
0301ぱっと見テクニカル豪ドル円研究所
 (来週の豪ドル円予測チャート→FXプライムbyGMO提供)
fxプライム7,000円キャッシュバック2
JASDAQ上場のFX会社・FXプライムbyGMO
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
予測チャートをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★1000通貨のミニ取引もOK!
★口座開設キャンペーン・7000円キャッシュバック中!
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

FXプライム