インヴァスト証券
★日本最強のFX自動売買システム★
収益が100万円を超えている超優秀な最新プログラムが満載!
【シストレ24とは】
国内外から集まった選りすぐりのFXストラテジー(売買プログラム)の
実績から、好みのものを選んで頂く、FX自動売買サービスです。
口座利用料・ストラテジー使用料・取引手数料すべて無料!
バックテスト等の結果は一切使わないため
トラックレコード(運用実績)を見て投資することができる
まるで投資信託を組み合わせて
自分で売り買いできるような感覚の新しいFX商品です。
約1万円・1000通貨からの取引でも
自動売買OK!さらに手数料は無料!
寝ている間にも売買チャンスを捕まえて自動売買。
サーバー型取引なので、パソコンを切っていてもOK。
平日、時間が取りにくい方におススメ。
★初心者も操作は簡単、案内に沿って3ステップでボタンを押すだけ★
★スマホからも簡単に申し込み可能!
★1000通貨対応スタート!(手数料無料)
★今なら取引1回で1万円キャッシュバック★
1月29日最新・売買プログラムランキング
20140129

1月29日(水) 本日のドル円の見通し

24:00
NYオプションカット

ドル円オプションを102円50銭、103円00銭、103円50銭に観測。
ドル円バリアオプションを105円50銭、106円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。
fomc
28:00発表
米FOMC(連邦公開市場委員会)結果

昨日から行われていた
アメリカの金融政策を決定する
米FOMC(連邦公開市場委員会)の結果が発表される。
今回から投票権を持つメンバーが交代。
米経済に強気な見方を行うタカ派メンバーが2名増える一方で
逆にハト派が2名減る。
市場では、メンバー交代に加え
WSJ・ヒルゼンラス氏が
テーパリング(量的緩和縮小)を継続。
国債、MBS(住宅ローン担保証券)購入額を
月額650億ドルに減額すると発表した事で
このシナリオが基本路線となっているが
発表数字が上下した場合は
特に荒れる相場となるだけに注意が必要。
また、結果を受けての
米10年債利回り(下のチャート)、NYダウの動きに要警戒!
なお、1月末で任期を迎えるバーナンキ氏は
米FRB議長として、最後のFOMCとなるが
記者会見は予定されていない。


ここまでの流れ
米12月耐久財受注が
市場予想(+1.8%)を大幅に下回る-4.3%となった事で
発表直前の103円11銭から102円62銭まで急落。
その後、米1月消費者信頼感指数が市場予想(78.0)を上回る80.7となり
103円台に戻すものの、上昇一服。
NYダウ90ドル高
ドル円102円92銭、ユーロ円140円70銭、豪ドル円90円31銭でクローズ。
東京タイムでは
日本時間午前7時に発表された
トルコ中銀・緊急金融政策決定会合結果で
市場が予想していた以上の内容が飛び出した事で
<トルコ中銀・緊急金融政策決定会合結果>
・翌日物借入金利(3.5%→8.0%)
・同プライマリーディーラー(6.75%→11.50%)
・政策金利1週間ものレポ(4.5%→10.0%)
・翌日もの貸出金利(7.75%→12.0%)
ドル円は103円43銭まで吹き上がり
日経平均は403円高となったものの、上昇は一時的。
トルコ中銀の発表前の水準を割り込み
102円70銭台まで下落している。


★一目均衡表・チャート★
本日、一度タッチした
一目均衡表・転換線(103円29銭)を上回ってクローズできるか注目。
また、その上にある
週足転換線(103円53銭)、基準線(103円58銭)が直近レジスタンス。
0129ドル円一目均衡表チャート
 (ドル円・一目均衡表チャート→ 外為どっとコム 提供)

★外為注文情報(1月29日・20時現在 5分毎に更新)
ドル円は…
102円50銭に買いオーダーが集中。
0129ドル円・ユーロ円外為注文情報20
 (ドル円・ユーロ円外為注文情報→ 外為どっとコム 提供)

外為どっとコム 

★米10年債利回リ
リアルタイムチャート★

利回リが上昇(チャートが上方向)・・・ドル円は上昇傾向。
利回りが下降(チャートが下方向)・・・ドル円は下降傾向。


米10年債利回り
リアルタイムチャート


ドル円の見通し
この後、ビッグイベント
日本時間30日(木)午前4時に
米FOMC(連邦公開市場委員会)結果が発表される。
市場では、前回からさらに国債・MBS(住宅ローン担保証券)購入を
100億ドル減額、合計毎月650億ドルとする事が想定されている。
但し、一部の市場参加者は異なった見方を持っており
発表直後から大きな動きとなる可能性がある。
また、米10年債利回リ・NYダウの動きにも要注意!
チャートでは
明日以降、どんどん上昇する
一目均衡表・雲の上限(本日:102円79銭)を維持できるかどうかがポイント。
仮に割り込み、昨日の安値102円47銭を下回ってクローズした場合
下値警戒感が高まるため、注意が必要。
上方向のレジスタンスとしては
一目均衡表・転換線(本日:103円29銭)、基準線(同:103円58銭)
1/2高値-1/27安値フィボナッチ半値戻し(103円59銭)がポイント。

チャートのレジスタンス・サポート
レジスタンスとしては
103円29銭(一目均衡表・転換線)、103円35銭(1月29日東京午後高値)
103円43銭(1月29日東京午前高値)、103円53銭(一目均衡表・週足転換線)
103円54銭(10日移動平均線)、103円57銭(1月24日高値)
103円58銭(一目均衡表・基準線)に注目。

サポートとしては
102円62銭(1月28日NY安値)、102円57銭(1月28日東京午後安値)
102円47銭(1月28日安値)、102円18銭(1月27日NY安値)
101円99銭(1月24日安値)
101円75銭(1月27日安値)を意識しておきたい。

★ドル円・売買シグナル発生チャート(無料で使えます)★
今日早朝の上昇も、午後の下落もキッチリとサイン発生!
シグナルに従うだけで誰でも1円10銭ゲット!
0129ドル円買いシグナル・売りシグナル
(ドル円、買いシグナル・売りシグナル発生チャート→FXプライムbyGMO 提供)
FXプライム 

ドル円主要サポートライン一覧
A:102円79銭(一目均衡表・雲の上限)
B:102円76銭(5日移動平均線)
C:102円62銭(1月28日NY安値)
D:102円57銭(1月28日東京午後安値)
E:102円47銭(1月28日安値)
F:102円18銭(1月27日NY安値)
G:101円99銭(1月24日安値)
H:101円75銭(1月27日安値)
I:101円62銭(2013年12月6日安値)
J:101円61銭(2013年12月5日安値)
K:101円16銭(2013年11月27日安値)
L:101円14銭(2013年11月26日安値)
M:101円13銭(2013年11月25日安値)
N:100円99銭
(2014/1/2高値-2013/10/8安値フィボナッチ半値戻し)
O:100円93銭(2013年11月22日安値)
P:100円77銭(一目均衡表・雲の下限)
Q:100円61銭(週足・基準線)

ドル円主要レジスタンスライン一覧
A:103円29銭(一目均衡表・転換線)
B:103円35銭(1月29日東京午後高値)
C:103円43銭(1月29日東京午前高値)
D:103円53銭(一目均衡表・週足転換線)
E:103円54銭(10日移動平均線)
F:103円57銭(1月24日高値)
G:103円58銭(一目均衡表・基準線)
H:104円03銭(21日移動平均線)
I:104円12銭(1月13日高値)
J:104円27銭(1月14日高値)
K:104円30銭(1月20日高値)
L:104円46銭(1月17日高値)
M:104円57銭(1月22日高値)
N:104円69銭(1月16日高値)
O:104円74銭(1月21日高値)
P:104円83銭(1月23日高値)
Q:104円87銭(1月3日高値)
R:104円91銭(1月16日高値)

S:104円93銭(1月6日高値)
T:105円05銭(1月9日高値)
U:105円11銭(1月8日高値)
V:105円18銭(2013年12月27日高値)
W:105円32銭(2013年12月31日高値)
X:105円34銭(1月10日高値)
Y:105円40銭(2013年12月30日高値)
Z:105円43銭(1月2日高値)
105円49銭(2007/6/11高値-2011/10/31安値フィボナッチ61.8%戻し)
105円50銭(バリアオプション)


FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」 
日経新聞などメディアで多数取り上げられている
人気のFX自動売買サービス開始!

★17000円キャッシュバック中!
★世界中のプロの取引を24時間・自動売買で再現!

★1000通貨からの少額取引に対応!
★専任スタッフが選択したオリジナルのコンテンツ!
 
0129ぱっと見テクニカルドル円研究所
 (本日のドル円予測チャート→ FXプライムbyGMO 提供)
0129ぱっと見テクニカルユーロ円研究所
 (本日のユーロ円予測チャート→ FXプライムbyGMO 提供)
0129ぱっと見テクニカル豪ドル円研究所
 (本日の豪ドル円予測チャート→ FXプライムbyGMO 提供)
fxプライム7,000円キャッシュバック1
JASDAQ上場のFX会社・FXプライムbyGMO
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
予測チャートをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★1000通貨のミニ取引もOK!
★新春キャンペーン・7000円キャッシュバック中!
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→
ぱっと見テクニカル
FXプライム

本日の重要指標・イベント(1月29日)
★米FOMC(連邦公開市場委員会)・最終日
★南ア準備銀行(SARB)政策金利
07:00発表 トルコ中銀・緊急金融政策決定会合結果
09:55    東京仲値(ドル円注意)
11:00~   米オバマ大統領・一般教書演説
16:00発表 英1月ネーションワイド住宅価格
16:00発表 独2月GFK消費者信頼感
17:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
17:00~   欧州委員会バローゾ委員長、イタリア・レッタ伊首相会談
21:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
21:15~   英BOEカーニー総裁講演
24:00    NYオプションカット
24:30発表 米週間原油在庫
25:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
25:30    米国債入札(2年物インフレ連動債/150億ドル)
28:00発表 米FOMC(連邦公開市場委員会)結果
29:00発表 NZ中銀(RBNZ)政策金利