外為どっとコム
★業界最速~経済指標・ニュース速報発表~
★2月7日(金)・日本時間22:30
米雇用統計の結果を業界最速のスピードで発表!(利用料無料)
ロイターの全面協力により
発表スピードは、金融機関・インターバンクと同じ!
・他社よりも圧倒的に速いからトレードで有利!
・プロと同じ瞬間に情報を手に入れる事がFX勝利のカギ!
★リアルタイムの外為オーダー情報・売買比率も無料で提供!
★ドル円0.4銭、ユーロドル0.6pips、ユーロ円0.9銭!
★ポンド円1.1銭、ランド円1.6銭の業界最安スプレッド!
★1000通貨のミニ取引もOK!(手数料無料)
★初心者も安心・24時間無料電話サポート!
★今ならキャンペーンで、2万円キャッシュバック!
外為どっとコム

1月22日(水) 本日のドル円の見通し
日銀金融政策決定会合
★日銀金融政策決定会合・結果発表
(会合終了後、速やかに発表:通常12:00前後
レポート発表が重なる場合は、やや遅れる場合も)

今回の会合では
昨年10月末に公表した
展望レポート(経済・物価情勢の展望)の
中間見直しを行うことが主な目的。
同レポートは、本日15時に発表予定。
市場では、金融政策の変更は行わず
異次元緩和が現状維持されるとの見通しだが
海外勢の一部は
インフレターゲット・無期限緩和導入を決めたのが
2013年1月22日。
ちょうど1年前という事もあり、追加緩和への期待を持っている。
それだけに結果を受けての動きに注意しておきたい。

2013年日銀金融政策決定会合・発表時間一覧。
12時前後に発表される傾向があるものの
レポート発表時は、やや遅れる場合も。


日銀金融政策決定会合・決定内容・発表時間一覧
日付金融政策決定内容発表時間
2013年12月20日現状維持11時57分
2013年11月21日現状維持12時15分
2013年10月31日現状維持13時14分
2013年10月4日現状維持11時49分
2013年9月5日現状維持11時42分
2013年8月8日現状維持11時59分
2013年7月11日現状維持11時47分
2013年6月11日現状維持11時48分
2013年5月22日現状維持12時07分
2013年4月26日現状維持13時35分
2013年4月4日量的・質的金融緩和導入13時40分
2013年3月7日現状維持12時24分
2013年2月14日現状維持12時39分
2013年1月22日物価安定目標、無期限緩和導入12時47分

黒田総裁・記者会見1
15:30~
日銀黒田総裁・記者会見

記者会見直前・15時発表予定
中間見直し後の展望レポートについて
説明することになっているが
海外勢は、インフレターゲット2%達成を
強化するシナリオから
早期の追加緩和への期待感が強いだけに
黒田総裁が希望をつなぐ発言を行うかどうか注目。
なお、記者会見の内容は
日銀ルールにより、開始から約1時間後に公表予定。


24:00
NYオプションカット

ドル円オプションを104円05銭、104円15銭、105円00銭に観測。
ドル円バリアオプションを105円50銭、106円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。
安倍首相8
25:45~26:30
安倍首相講演
(ライブ中継は予定通り終了しました)
ダボスで開かれている、世界経済フォーラムにおいて
日本の首相として、初の基調講演を行う。
デフレ脱却、財政再建の両立を目指すことを強調。
また、日本への投資を促す事をアピールする模様。
海外勢は注目しているイベント。
発言に注意しておきたい。


ここまでの流れ
NYタイムでは、米経済指標の発表は無く
イベントレスの中、ドル売り基調となり
米10年債利回りが低下。
さらに、NYダウが利益確定売りから
一時142ドル安まで下落。
IMFが2014年世界経済成長見通しを
上方修正したものの材料視されず。
ドル円は、ロンドンタイム前半に付けた
104円74銭から104円01銭へ急落。
さらに、103円台へのアタックが行われたものの
買いオーダーが強く、下抜け出来ず。
NYダウ44ドル安
ドル円104円29銭、ユーロ円141円42銭、豪ドル円91円81銭でクローズ。
東京タイムでは
日銀金融政策決定会合への期待感から
104円40銭へ上昇したものの
会合結果で現状維持が伝わると、103円96銭まで急落。
下げ渋った後、日経平均が164円安から75円高まで急反発。
これに連れて、ドル円も104円56銭の高値を付けた。
日銀黒田総裁は、記者会見で
日銀のシナリオに自信を持っていることを表明。
早期の追加緩和への期待感が削がれた為
104円20銭台まで上値を圧縮。


★一目均衡表・チャート★
4時間足・雲の下限を一時下抜けしたが
終値ではサポートされている。
日足レベルでも転換線(104円10銭)をNYクローズでキープ。
基準線(103円97銭)と合わせて注目。
0122ドル円一目均衡表チャート
 (ドル円・一目均衡表チャート→ 外為どっとコム 提供)

★外為注文情報(1月22日・19時現在 5分毎に更新)
ドル円は…
104円50銭、104円60銭~104円85銭に売りオーダー
103円85銭~104円ジャスト、104円10銭に買いオーダーが集中。
ユーロ円は…
142円ジャスト、142円10銭に売りオーダー
140円70銭に買いオーダーが集中。
0122ドル円・ユーロ円外為注文情報19
 (ドル円・ユーロ円外為注文情報→ 外為どっとコム 提供)

外為どっとコム 

★米10年債利回リ・リアルタイムチャート★
利回リが上昇(チャートが上方向)・・・ドル円は上昇傾向。
利回りが下降(チャートが下方向)・・・ドル円は下降傾向。


米10年債利回り
リアルタイムチャート


ドル円の見通し
この後、NYタイムでは
米経済指標の発表は乏しいものの
日本時間深夜に
安倍首相の講演が予定されている。
デフレ脱却、財政再建の両立を目指すことを強調。
また、日本への投資を促す事をアピールする模様だが
市場では、法人減税
GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)活用など
一段と踏み込んだ発言を行うのではと期待している向きもあり
45分間の発言に注目しておきたい。
チャートでは
一目均衡表・転換線(104円10銭)を一時下抜けたものの
NYクローズでは維持。
引き続き、基準線(103円97銭)
1月20日安値(103円85銭)と合わせて
下値のサポートレベルとして、市場では意識されている。
104円70銭~80銭の売りオーダー
103円後半~104円ジャストの買いオーダーと合わせて注意


チャートのレジスタンス・サポート
レジスタンスとしては
104円49銭(21日移動平均線)、104円56銭(1月22日東京高値)
104円74銭(1月21日高値)、104円87銭(1月3日高値)
104円91銭(1月16日高値)、104円94銭(1月6日高値)
105円05銭(1月9日高値)に注目。

サポートとしては
104円23銭(1月22日ロンドン安値)、104円18銭(1月17日安値)
104円13銭(1月16日安値)、104円10銭(一目均衡表・転換線)
104円08銭(1月15日安値)、104円01銭(1月21日安値)
103円97銭(一目均衡表・基準線)、103円96銭(1月22日東京安値)
103円85銭(1月20日安値)を意識しておきたい。


★ドル円・売買シグナル発生チャート(無料で使えます)★
絶好調を継続中!
昨日は、夜の下落サインで50銭を簡単にゲット!
0122ドル円買いシグナル・売りシグナル
(ドル円、買いシグナル・売りシグナル発生チャート→FXプライムbyGMO 提供)
FXプライム 

ドル円主要サポートライン一覧
A:104円27銭(5日移動平均線)
B:104円23銭(1月22日ロンドン安値)
C:104円20銭(10日移動平均線)
D:104円18銭(1月17日安値)
E:104円13銭(1月16日安値)
F:104円10銭(一目均衡表・転換線)
G:104円08銭(1月15日安値)
H:104円01銭(1月21日安値)
I:103円97銭(一目均衡表・基準線)
J:103円96銭(1月22日東京安値)
K:103円85銭(1月20日安値)
L:103円52銭(1月14日NY安値)
M:103円34銭(1月14日ロンドン安値)
N:102円97銭(1月14日安値)
O:102円85銭(1月13日安値)
P:102円64銭(2013年12月16日安値)
Q:102円56銭(2013年12月18日安値)
R:102円51銭(2013年12月17日安値)
S:102円36銭(2013年12月12日安値)
T:102円22銭(2013年12月2日安値)
U:102円14銭(2013年12月11日安値)
V:102円12銭(2013年11月29日安値)

ドル円主要レジスタンスライン一覧
A:104円49銭(21日移動平均線)
B:104円56銭(1月22日東京高値)
C:104円74銭(1月21日高値)
D:104円87銭(1月3日高値)
E:104円91銭(1月16日高値)

F:104円94銭(1月6日高値)
G:105円05銭(1月9日高値)
H:105円11銭(1月8日高値)
I:105円18銭(2013年12月27日高値)
J:105円32銭(2013年12月31日高値)
K:105円34銭(1月10日高値)
L:105円40銭(2013年12月30日高値)
M:105円43銭(1月2日高値)
N:105円49銭(2007/6/11高値-2011/10/31安値フィボナッチ61.8%戻し)
O:105円50銭(バリアオプション)
P:105円54銭(2008年6月2日高値)
Q:105円55銭(2008年6月3日高値)
R:105円72銭(2008年5月30日高値)
S:105円77銭(2008年9月18日高値)
T:105円86銭(2008年5月29日高値)
U:106円00銭(バリアオプション)


FXプライムbyGMO「選べるミラートレーダー」 
日経新聞などメディアで多数取り上げられている
人気のFX自動売買サービス開始!

★17000円キャッシュバック中!
★世界中のプロの取引を24時間・自動売買で再現!

★1000通貨からの少額取引に対応!
★専任スタッフが選択したオリジナルのコンテンツ!
 
0122ぱっと見テクニカルドル円研究所
 (本日のドル円予測チャート→ FXプライムbyGMO 提供)
0122ぱっと見テクニカルユーロ円研究所
 (本日のユーロ円予測チャート→ FXプライムbyGMO 提供)
0122ぱっと見テクニカル豪ドル円研究所
 (本日の豪ドル円予測チャート→ FXプライムbyGMO 提供)
fxプライム7,000円キャッシュバック1
JASDAQ上場のFX会社・FXプライムbyGMO
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
予測チャートをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★1000通貨のミニ取引もOK!
★新春キャンペーン・7000円キャッシュバック中!
大好評!1クリックで将来の値動きを予測できる「ぱっと見テクニカル」!

※この先の予測を無料お試し→
ぱっと見テクニカル
FXプライム

本日の重要指標・イベント(1月22日)
★日銀金融政策決定会合・最終日
★世界経済フォーラム年次総会・初日
09:30発表 豪10−12月期消費者物価指数
09:55    東京仲値(ドル円注意)
15:00発表 日銀・展望レポート(経済・物価情勢)
15:30~   日銀黒田総裁・記者会見

17:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
17:00発表 南ア12月消費者物価指数
18:30発表 英MPC(金融政策委員会)議事録
18:30発表 英12月雇用統計
18:30発表 英12月財政収支
19:00発表 ユーロ圏7−9月期政府債務
21:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
22:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
24:00    NYオプションカット
24:00発表 加BOC(カナダ銀行)政策金利
25:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
25:15~   加BOCボロズ総裁・記者会見
25:45~   安倍首相講演
27:30~   英MPCマカファーティー委員講演