SBIFXトレード・12000円キャッシュバック 
★月曜早朝の窓明け・窓埋めトレードにも強い★
月曜朝7時のオープン直後でも
米ドル円0.11銭!  ユーロ円0.59銭!
ユーロドル0.49pips 豪ドル円0.85銭!の低スプレッド!
★初心者も安心・FX業者で最小の1通貨から取引出来る!(手数料無料)
★スプレッド縮小で使いやすさNO.1!
★口座開設12000円キャッシュバックキャンペーン中!

SBIFXトレード 

12月12日(水) 本日のドル円の見通し

22:30発表
米11月輸入物価指数
米経済指標が発表されるが、単体の指標としてのインパクトには疑問。
結果を横目で見る程度。

米11月輸入物価指数 市場予想-0.5% 前回(+0.5%)

24:00
NYオプションカット
ドル円オプションを83円00銭に観測。
ドル円オプションバリア83円00銭に観測。
オプションライン近くになると防戦買い、防戦売りが発生する場合も高く
市場が意識する事から要注意。
またリミット直前・直後の急な動きにも警戒。

25:30
米国債入札(10年債/210億ドル)
注目の10年債の入札が行われる。
事前のポジション調整にも注意したいところだが
今週の利回りは上昇基調となっているだけに、好結果となる可能性も。
発表直後のドル円の動きには注意が必要。

1212米国債10年物利回り・ユーロ円研究所

  (米国債10年物利回り→12/11クローズ1.65

fomc
26:30発表
米FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利・声明文
政策金利の変更は予定されておらず、声明文の内容に注目。
今回はツイストオペ(短期債を売却、同額の長期債を購入)が
年内で期限切れとなる事から
代替の金融政策を導入するかどうか、また規模がポイントとなっている。
米FRBメンバー内では
米経済に持ち直しの傾向が見られていることで
現在の450億ドル規模から縮小すべきとの発言が出ており
同額の金融政策が続行されるかどうか見極めたい。
市場ではツイストオペの代わりに同額の長期債購入プログラムが
発表されるとの見通しがコンセンサス。

28:00発表
米FRB(連邦準備制度理事会)経済・金利見通し発表
2013年度以降の経済予測、金利見通しが発表される。
米FRBメンバー内の見通しの相違により
低金利政策の期限延長、短縮といった思惑が高まりやすいため要注意。

バーナンキ議長101
28:15~
米FRBバーナンキ議長・記者会見(当サイトでライブ中継)
直近の講演では金融政策についての発言を避けているため
今回の記者会見には非常に注目が集まっている。
来年度以降、バーナンキ議長はどのような見通しを持っているのか。
また、米「財政の崖」についてのコメントが出れば
市場が特に反応しやすいので警戒したい。

日本時間午前4:15~
米FRBバーナンキ議長・記者会見ライブ中継↓↓↓↓↓↓↓↓



ドル円チャートは
北朝鮮がミサイルを発射、地政学リスクからドル円が上昇。
その後も海外勢を中心にドル円を買い上げており
82円92銭の高値を付けている。
テクニカルでは
しばらくの間、動きがなかった
一目均衡表・基準線が81円台に乗せてきており
ドル円の上昇を後押しするか。
本日の戦略としては
米国債入札、米FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利・声明文
米FRB(連邦準備制度理事会)経済・金利見通し発表
米FRBバーナンキ議長・記者会見に注目。
ドル円は
11月22日、12月7日高値である82円82銭を突破。
83円ジャストに設定されているバリアオプションとの攻防戦。
海外勢が鼻息荒く、このオプションを狙いに行っているものの
上値では中国中銀の売りオーダーが尋常では無い規模となっており
NY勢を中心とした買いがこのオーダーを潰せるかどうか。
また、本日は米FOMC政策金利・声明文、経済・金利見通し
米FRBバーナンキ議長・記者会見といった重要イベントが
日本時間深夜に行われることもあり、ポジション管理もしっかりとしておきたい。
市場では何らかの追加緩和が行われるとの期待から
ドル売りへの思惑が高まっているだけに
結果次第ではさらにドル売りが進行する可能性と
巻き戻されるリスクの両面をはらんでいる。
レジスタンスとしては
82円92銭(4月4日高値)、82円98銭(4月3日高値)
83円20銭(3月28日高値)、83円29銭(4月2日高値)
83円38銭(3月27日高値)
83円46銭(3月22日高値)を意識しておきたい。
サポートとしては
82円50銭(5日移動平均線)、82円48銭(12月12日東京安値)
82円36銭(10日移動平均線)、82円32銭(一目均衡表・転換線)
82円30銭(12月11日安値)、82円20銭(12月6日安値)
82円17銭(12月7日安値)
82円11銭(12月11日安値)に注目。

主要サポートライン一覧
A:82円50銭(5日移動平均線)
B:82円48銭(12月12日東京安値)
C:82円36銭(10日移動平均線)
D:82円32銭(一目均衡表・転換線)
E:82円30銭(12月11日安値)
F:82円20銭(12月6日安値)
G:82円17銭(12月7日安値)
H:82円11銭(12月11日安値)
I:82円05銭(21日移動平均線)
J:82円04銭(11月30日安値)
K:81円99銭(12月3日安値)
L:81円91銭(11月29日安値)
M:81円85銭(11月27日安値)
N:81円79銭(12月5日安値)
O:81円72銭(12月4日安値)
P:81円68銭(11月28日安値)
Q:81円65銭(11月21日安値)
R:81円13銭(11月20日安値)
S:81円08銭(11月19日安値)
T:81円00銭(一目均衡表・基準線)
U:80円88銭(11月16日安値)
V:80円48銭(50日移動平均線)
W:80円12銭(11月15日安値)
X:79円91銭(200日移動平均線)
Y:79円40銭(120日移動平均線)

主要レジスタンスライン一覧
A:82円92銭(4月4日高値)
B:82円98銭(4月3日高値)
C:83円20銭(3月28日高値)
D:83円29銭(4月2日高値)
E:83円38銭(3月27日高値)
F:83円46銭(3月22日高値)
G:83円56銭(3月19日高値)
H:83円82銭(3月14日・20日高値)
I:83円93銭(3月16日高値)
J:84円08銭(3月21日高値)
K:84円18銭(年初来高値・3月15日高値)

1212ドル円一目研究所時間足

  (本日のドル円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

1212ユーロ円一目研究所時間足

  (本日のユーロ円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

1212豪ドル円一目研究所時間足

  (本日の豪ドル円・一目均衡表チャート→外為ジャパン提供)

外為ジャパン 
★当サイト限定・タイアップ企画★
大人気テクニカルアナリスト・福永博之氏が書き下ろした書籍
FX一目均衡表・ベーシックマスターブックをプレゼント!
さらに・・・1万円キャッシュバックキャンペーン中!
★一目均衡表を基礎から使いこなせるようになるまで
マスターしたい人には必読の一冊です。
期間限定のこのチャンスをぜひお見逃しなく!


1212ぱっと見テクニカルドル円研究所

  (本日のドル円予測チャート→FXプライム提供)

1212パターン分析ドル円研究所

  (本日の通貨別パターン分析→FXプライム提供)

1212売買シグナルドル円研究所

  (本日の売買シグナル→FXプライム提供)

FXプライム最新キャンペーン 
人気のFX取引!JASDAQ上場のFX会社・FXプライム
★テクニカル分析が苦手なあなたにおススメ★
売買シグナルをリアルタイムでチャート上にお知らせ!(利用料無料)

★ドル円0.5銭、ユーロ円0.9銭の低スプレッド!(原則固定)
★荒れる相場でも、この先の未来を一発表示!
★音声でも案内してくれるので、画面に張り付く必要なし。
★いまなら、口座開設キャンペーン中!

※この先の予測を無料お試し→
ぱっと見テクニカル

FXプライム
FXプライム 

本日の重要指標・イベント(12月12日)
★OPEC総会
★EU財務相理事会
08:30発表 豪12月ウエストパック消費者信頼感
09:55    東京仲値(ドル円注意)
13:30~   豪RBAスティーブンスRBA総裁講演
16:00発表 独11月消費者物価指数・確報値
16:45発表 仏11月消費者物価指数
16:45発表 仏10月経常収支
17:00    ロンドンフィックス(ロンドン8時値決め・ドル円、クロス円注意)
17:00発表 南ア11月消費者物価指数
18:00~   伊モンティ首相講演
18:30発表 英11月雇用統計
19:00    イタリア国債入札
19:00発表 ユーロ圏10月鉱工業生産
19:45~   英MPCデール委員講演
20:00発表 南ア10月小売売上高
21:00発表 米MBA住宅ローン申請指数
22:15    ECBフィックス(ユーロ注意)
22:30発表 米11月輸入物価指数
24:00    NYオプションカット
24:00~   国連安保理・北朝鮮ミサイル問題
24:30発表 米週間原油在庫
25:00    ロンドンフィックス(ロンドン16時値決め・全通貨注意)
25:00発表 ECBコンスタンシオ副総裁・金融安定報告
25:30    米国債入札
26:30発表 米FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利・声明文
28:00発表 米11月財政収支
28:00発表 米FRB(連邦準備制度理事会)経済・金利見通し発表
28:15~   米FRBバーナンキ議長・記者会見