ロンドンタイムの流れ
東京タイムで83円に戻した後、ドル円の動きが鈍い。
今日深夜に行われる米3年債入札が意識されている模様。
ユーロは日本政府がアイルランド国債購入を検討と報じられた事で
朝1.3レベルまで一気に買われた後、
再び戻り売りが厚く、1.29前半まで下落した。
その後ショートカバーで再び1.3手前まで上昇している状況。

月曜日朝3時から取引開始、窓あけ・窓埋めに強い
上級トレーダーも満足させる高度な取引環境 サクソバンクFX


NYタイムの材料
1.米10年債利回り
2.欧州株・米国株の動向


両方まとめて無料デモ取引でチェックできるのは
ひまわり証券【証券CFD取引】


3.商品相場の動向
ゴールド(金)原油
の動きは
短期筋が仕掛けるタイミングになり目を離せない。
ゴールド・原油の動きは…
DMM CFDでチェック!


4.重要指標の発表・要人の講演
22:30~   米フィラデルフィア連銀プロッサー総裁講演
24:00発表 米卸売在庫
24:00    NYオプションカット
25:00    ロンドンフィックス
26:00~   ドイツ連銀ウェーバー総裁講演
27:00発表 米3年債入札(320億ドル)
28:00~   米ミネアポリス連銀コチャラコタ総裁講演

NYタイムのドル円戦略
この後は深夜3時発表の米3年債入札が最注目材料。
米10年債利回り、の動き次第でドル円が急変動するので要注意。
明日はポルトガルの2014年・2020年国債入札(12.5億ユーロ)があり
ユーロを中心にさらに神経質な展開になる事が予想されている。
ECBが入札を成功させるため、
本日もポルトガル国債を購入して下支えしているが
市場がユーロに注目しているのでその動きから目を離さないようにしておきたい。
ドル円は82円80銭の壁を昨日突破したが、その下の60銭レベルの
弱いテクニカルを支えにした買いが入りその下には突き抜けず、
83円に再び戻ってきてしまっている。
ユーロが買われているときはドル円は頭が重い状況。
83円30銭を上抜けるかどうか。売り目線で見ているが、
米3年債入札がありロンドンフィックスまでには決済したい。

ドル円スプレッド0.6銭キャンペーン中
即日口座開設可能
トレイダーズ証券「みんなのFX」