ロンドンタイムの流れ
ドル買いが強い状況。
ドル円はクロス円に引きづられて下がりつつも
ストレートのドル買いで再び83円台に戻している。
この後、昨日に続き米雇用に関する指標の発表があるので注目。

ひまわり証券【ディールFX】は「板」の数量を表示
現在の価格に対する「厚み」=売買どちらが強いかわかる



NYタイムの材料
1.欧州株・米国株の動向

欧州株はスター為替のチャートで確認できます
米国株先物はクリックCFDのチャートで確認できます
2.商品相場の動向
ゴールド(金)原油の動きは
短期筋が仕掛けるタイミングになり特に目を離せない。

ゴールド・原油の動きは…
クリック証券【CFD】でチェック!

3.重要指標の発表・要人の講演
22:30発表 米新規失業保険申請件数
24:00    NYオプションカット
25:00    ロンドンフィックス

NYタイムのドル円戦略
ドル円は昨日のADP雇用統計が
予想値を約3倍超えるサプライズ発表となった事で
一気に83円台まで駆け上がった状態となっている。
この発表を受けて明日のNFP雇用統計の予想も
上方修正された状況となっており
市場の米雇用の改善に対する期待感は非常に高まっている。
この後発表される新規失業保険申請件数は明日の数字には含まれないが
期待感継続となるか、要注目。
ドル円は82円70銭及び83円70銭レベルに
テクニカルのサポートとレジスタンスがあり
このラインを目途に逆張り姿勢で臨みたい。

インヴァスト証券【FX24】
ドル円スプレッド0.6銭
キャンペーン開始
今なら200万通貨取引で
30,000円キャッシュバック!