ロンドンタイムの流れ
ドル円のストップ狙いが加速して
81円80銭レベルのサポート付近まで急落。
その後82円近辺まで戻している。
ドル円にとって悪いニュースが出たわけでもなく
材料が無い時特有の異常な動き。
この後、重要指標発表があるのでそれを待ちたい。

DMM.com証券

NYタイムの材料
1.欧州株・米国株の動向
欧州株はスター為替のチャートで確認できます
米国株先物はクリックCFDのチャートで確認できます

2.商品相場の動向
ゴールド(金)原油の動きは短期筋が仕掛けるタイミングになり
年末から年始相場では特に目を離せない。

ゴールド・原油の動きは…
クリック証券【CFD】でチェック!


3.重要指標の発表・要人の講演
23:00発表  米ケースシラー住宅指数
24:00発表  米コンファレンスボード消費者信頼感指数
24:00発表  米リッチモンド連銀製造業指数
24:00     NYオプションカット
25:00     ロンドンフィックス

NYタイムのドル円戦略
ひとまず、目先のストップは付けたので
指標が相当悪い場合を除きドル円の更なるストップ狙いは
無いと思われるが、次のストップは81円60銭レベルである。
戦略的には82円40銭レベルまで引き付けての戻り売りを推奨。
また本日はクロス円スワップ5倍デー(NZ円はスワップ6倍)である事も
頭の片隅に置いておきたい。

今なら10,000円キャッシュバック中!
1,000通貨から取引できるLION FX