東京タイムの流れ
強い材料の無い中、84円を挟んだ動き。
週末の欧州勢がドル売りで動いてくるか。

ロンドンタイムの材料

1.欧州株の動向
欧州株はスター為替のチャートで確認できます
米国株先物はDMMのチャートで確認できます

2.商品相場の動向
ゴールド(金)原油の動きは短期筋が仕掛けるタイミングになり
年末から年始相場では特に目を離せない。
(その他の特徴:1.FXよりもトレンドが出やすい
          2.値動きがしっかりとある
          3.スプレッドが低い)
GOLDチャート
DMM CFDなら無料口座開設のみで
このようなわかりやすいチャート(クリックで拡大)が使えますので
活用していただければお役に立つと思います。



3.重要指標の発表・要人の講演
21:45~   ホノハン・アイルランド中銀総裁講演
24:00発表 米コンファレンスボード景気先行指数
24:00    NYオプションカット
25:00    ロンドンフィックス
EU首脳会議

ロンドンタイムのドル円戦略

週末という事で欧州株、米国株、商品市場に連動しながら
ポジション調整の動きが強まる可能性が高い。
本日もEU首脳会議が行われる事もあり、
ニュースからも目を離さないようにしたい。
ドル円は83円40銭~50銭レベルが下押しした場合の壁
NYタイムまでは84円にできるだけ引き付けて売る戦略が有効。

※ドル円・クロス円のポジションを持つなら
  来週月曜火曜の合計スワップ7倍はチャンス!