ロンドンタイムの流れ

欧州株)・(米国株先物が堅調な流れとなり
ポンドを除いてクロス円が強い。
特に豪ドル円は原油先物にも支えられて上値貼りつき状態。
ポンド円はBOEビーン副総裁のポンド緩和発言で
下落している。



NYタイムの材料

1.欧州株の動向
欧州株はスター為替のチャートで確認できます
米国株先物はDMMのチャートで確認できます

欧州株)・(米国株先物)はFXのチャートより早く
動くクセがあり、パターンを覚えると
両方で儲けることが出来る。

2.重要指標の発表・要人の講演
24:00 NYオプションカット
25:00 ロンドンフィックス
その他、突発的な要人発言には注意。

NYタイムのドル円戦略

84円半ばからの売り圧力は相当強い。
その為83円にどうしても押し戻されてしまう。
本日はこの後、特に重要指標もないことから
米国株・原油に左右される展開だろう。
明日のFOMCを控えてポジション調整も予想されるが
安値83円60銭~高値84円20銭のレンジ取引を見込んでいる。