ロンドンタイムの流れ

欧米株の下落でクロス円が弱い。
アイルランドの問題をポルトガルに波及させて利益を得たい
ヘッジファンドが仕掛けている。
本日は米感謝祭の翌日で、市場参加者が少ない事も
下落幅を大きくしている。

NYタイムの材料

1.欧米株の動向(欧州株チャートはこちら)(米国株チャートはこちら

2.重要指標の発表・要人の講演
時刻未定 ドイツCPI速報発表

3.週末のポジション調整

NYタイムのドル円戦略

本日は米感謝祭明けで米国市場は短縮取引。
(NYダウは現地時間午後1時、日本時間27日朝3時まで)
注目されている重要指標も無く、市場参加者が少ない状態となり
突然の要人発言には注意。

短期筋が84円付近に観測されているストップを狙っている。
但し84円~84円50銭の実需の売りオーダーも相当厚く、
今日超えていけるか微妙。
週末から朝鮮半島で軍事演習が行われる予定となっており
地政学リスクを材料として
月曜日のオープンで大きく値が飛ぶ可能性もある。
くれぐれもポジションの持ち越しには気を付けたい。

現在の目線は横方向
引き付けて83円40銭~83円50銭レベルでの買いを推奨。


  ★ドル円スプレッド0.4銭キャンペーン★
  全通貨業界最高水準のスプレッドで提供中!DMM FX
1203cp_limited-772x308
レート6
DMM.com証券